M1 Mac に ARM版 Windows 11 をインストールした。その方法をご紹介。

 

先日、M1 MacにARM版Windows 10をインストールする方法という記事を書いたのですが、今回は、M1 Mac に ARM版 Windows 11 をインストールしてみたので、その方法を紹介したいと思います。

 

まず、M1 Macは ARMのシリコンで作られているMacですので、これまでのIntel Macのように通常のWindowsをインストールすることができません。

そこで必要となってくるのが ARM版 Windows となってきます。

また、M1 Mac では BOOT CAMP もサポートされていませんので、仮想ソフトを使って M1 Mac 上に ARM版 Windows をインストールする必要があります。

ARM版 Windows 11 は今のところInsider Preview版として無料でダウンロードをすることが可能なのですが、今回利用する仮想ソフト「Parallels」は有料ソフトとなっています。ただし、最初の14日間は無料の使用期間がありますので、その間に購入をゆっくり考えてみてもいいと思います。

それでは、M1 Mac に ARM版 Windows 11をインストールしていきましょう。

Windows 11 on ARM Insider Preview のダウンロード

まずは、Windows 11 on ARM Insider Preview のダウンロードを行なっていきます。

下記URLにアクセスします。

https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewARM64

 

▼ARM版 Windows 11のダウンロードには、マイクロソフトアカウントにログインしておく必要があるので、開いたページの右上の「アカウントアイコン」からマイクロソフトアカウントにログインしましょう。

 

▼マイクロソフトアカウントを入力し、「Next」をクリックし、パスワードを入力してログインしてください。

この時、マイクロソフトアカウントを持っていない人は、ウインドウ中央にあるNo account? の「Create one!」をクリックしてアカウントを作成することもできます。

英語ページですがそれほど難しくないと思いますので頑張ってアカウントを作成してください!

 

▼無事マイクロソフトアカウントにログインできたら、下記のような画面になると思うので「Windows Client ARM64 Insider Preview – Build xxxxx.xxx」をクリックします。

Windows 11 Insider Preview版 のダウンロードが始まります。

僕の環境ではダウンロードに十数分ほどかかりました。

 

▼Macのダウンロードフォルダにダウンロードされたファイルのファイル名が「Windows 10」となっていますが、中身は「Windwos 11」となっていますのでこれでOKです。

 

Parallels Desktop 17 for Mac のダウンロード

次に Parallels Desktop 17 for Mac のダウンロードを行います。

ここでは14日間無料のトライアル版を使っての説明をしていきます。

下記Parallelsの公式ホームページにアクセスします。

https://www.parallels.com/jp/

 

▼「無料トライアル版をダウンロード」をクリック。

 

▼「ダウンロード」をクリック。

 

▼以上でMacのダウンロードフォルダに Parallels Desktop がダウンロードされました。

 

Parallels Desktop 17 for Mac のインストール

次に Parallels Desktop のインストールを行います。

 

▼ダウンロードした「Install Parallels Desktop.dmg」をダブルクリックします。

 

▼「Parallels Desktop のインストール」をダブルクリック。

 

▼「開く」をクリック。

 

▼「OK」をクリック。

 

▼Parallels Desktopのダウンロードが始まりますが、ダウンロードは数秒程度で終わります。

 

▼ソフトウェア使用許諾契約書に「同意」をクリック。

 

Macの管理者の「ユーザ名」と「パスワード」を入力して「OK」をクリック。

 

▼ここからParallels Desktopの設定が始まります。「次へ」をクリック。

 

▼「OK」をクリック。

 

▼「OK」をクリック。

 

▼「OK」をクリック。

 

▼「完了」をクリック。

 

Windows 11 on ARM Insider Preview のインストール

Windows 11 on ARM Insider Preview のインストールを始めていきます。

▼「続行」をクリック。

 

▼「続行」をクリック。

 

▼画面中央に、先ほどダウンロードしたWindows Insider Previewのファイル名が表示されていることを確認して「続行」をクリック。

 

▼Windows の主な用途を選択して「続行」をクリック。通常は”業務用ツール”で問題ないと思います。

 

▼Windows 11の名前と保存場所を設定します。名前はデフォルトではWindows 10になっていたので、ここではWindows 11に修正してみました。また、MacのデスクトップにWindows 11のエイリアスがあった方が起動に便利そうだったので、そちらのチェックも入れてみました。「作成」をクリックします。

 

▼Windows 11のファイルの作成をしています。

 

▼Windows 11のインストールが開始されました。

▼Windows 11のインストールが無事完了すると下記の画面になります。

これでWindows 11のインストールは完了しました。

ただ、デフォルトのままだとWindowsは英語表示になっているので、日本語化してみましょう。

 

Windows 11 on ARM Insider Preview の日本語化

▼Windows 11 の「スタートメニュー」をクリックします。

 

▼「Settings」をクリック。

 

▼左のメニューから「Time & langyage」をクリック。表示された右のリストから「Language & region」をクリック。

 

▼Preferred languagesから「ADD a language」をクリック。

 

▼リストの中央付近に日本語があるので「日本語」をクリックして「Next」をクリック。

 

▼チェックボックスの全てにチェックを入れて「Install」をクリックします。この時「Set as my Windows display language」にもチェックを入れておくといいでしょう。

 

▼日本語化を有効にするため、一旦サインアウトして、再びログインします。

 

次にキーボードのキー配列を日本語JISキーボードに変更します。

 

▼Windows の「スタートメニュー」→「設定」を開き、「時間と言語」から「言語と地域」をクリックします。

 

▼日本語の右にある「…」をクリック。

 

▼「言語のオプション」をクリック。

 

▼キーボードのレイアウトから「レイアウトを変更する」をクリック。

 

▼「接続済みキードードレイアウトを使用する」をクリック。

 

▼「日本語キーボード(106/109キー)」をクリック。

 

▼”変更は PC の再起動後に有効になります。”とあるので、「今すぐ再起動する」をクリック。

 

以上で Windows 11 on ARM Insider Preview の日本語化の完了となります。

 

最後に

今回 Parallels Desktop はトライアルを使用したのですが、M1 Mac で長くWindwosを使うようであれば、ぜひ購入して利用してみて下さい。

また、Windows 11 on ARM Insider Preview のライセンス認証も可能となっています。

長く利用するのであればこちらもライセンス認証して使用しましょう。

ライセンスは、Windows 10 Professional 版の物を使ってライセンス認証を行うことが可能となっています。

3 COMMENTS

りんごの扉

こちい 様
コメントありがとうございます!
当ブログが参考になって良かったです(^_^)
良いM1 Mac LIFEをお過ごしください٩(*´︶`*)۶

こいち

貴重な情報をありがとうございました。ParallelsでARM版Windows11を構築したまでは良かったのですが、キーボード設定が全く分かりませんでした。@を入力すルときは↑+2で入力したり。しかし、貴殿の本ページで分かりやすくキーボード設定を説明してくれていましたので、その通りにしたら、見事に使いやすいキーボードにすることができました。本当にありがとうございます!!なんと感謝していいか、分かりません!ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。