M1 Mac に ARM版 Windows 10 をインストールした。その方法をご紹介。

*新たに M1 Mac に Windows 11 をインストールする方法の記事も書いたので、Windows 11に興味のある方はそちらも参考にしてみて下さい。▼

 

M1 MacにWindowsをインストールするには、M1 MacのCPUがARMベースのアップルシリコンで造られていますので、ARM版のWindowsをインストールする必要があります。

そしてM1 MacはこれまでのIntel Macと違い、BOOT CAMPがサポートされていませんので、仮想ソフトを使い仮想ソフト上にARM版Windowsをインストールする必要があります。

今回の記事では、仮想ソフト「Parallels(パラレルズ)」を使ったWindowsのインストール方法を紹介します。

少し長い記事かのように見えますが、インストール自体はPallarelsが自動で行なってくれるので、ARM版WindowsのVHDXファイルParallelsソフトのダウンロードさえしてしまえば、簡単にM1 MacにWindowsをインストールすることができます。気になっていた方はぜひ挑戦してみて下さい。

ちなみに、Pallarelsは有料ソフトですが、最初は14日間の試用期間があるので、購入はその間にじっくり考えてもいいと思います。まぁ僕は即買いしてしまいましたが!^^;

M1 MacにWindows 10をインストールする方法

ARM版Windwos 10のダウンロード

PallarelsのソフトがあってもWindowsのファイルがなければインストールは出来ませんので、まずはARM版Windows 10のダウンロードからいきましょう。

ARM版Windows 10をダウンロードするには、マイクロソフトアカウントでWindows Insider Programに参加しておく必要があります。

既にWindows Insider Programに参加して、マイクロソフトアカウントにログインしている方は、下記URLからいきなりARM版Windows 10をダウンロード出来ますのでこの章は読み飛ばしても大丈夫です。

ARM版Windows 10の入手先は下記となります。

Windows Insider PreviewARM64をダウンロードする

 

ちなみに、Windows Insider Programに参加してマイクロソフトアカウントにログインしてたらリンク先は下記のような画面となります。

 

Windows Insider Programに参加していない場合のリンク先は下記のような画面になっていると思います。

 

Windows Insider Programに参加していない方の参加方法は以下となっています。

Windows Insider Programに参加する

まず下記ページにアクセスします。

Windows Insider

 

ページを下にスクロールして、ページの中ほどにある「登録」をクリックします。

 

「今すぐサインイン」をクリック。

 

下記の画面からマイクロソフトアカウントにサインインします。

マイクロソフトアカウントを持っていない場合は「作成」から新しくアカウントを作ることもできます。

 

マイクロソフトアカウントにログインしたら、下記の画面になると思うので、画面を下にスクロールします。

 

「この契約の条件に同意します」のチェックボックスにチェックを入れ「今すぐ登録」をクリック。

 

以上でWindows Insider Programへの参加は完了となります。

「Windows Insider Program へようこそ」と表示されるので、「今すぐフライトする」をクリックします。

ARM版Windows 10のダウンロード

切り替わった画面を少し下にスクロールさせると「Windows Insider Preview ISOをダウンロード」とあるのでそこをクリックします。

 

画面右上のアカウントアイコンから再びマイクロソフトアカウントにサインインします。

 

下記画面からマイクロソフトアカウントにサインインします。

 

表示されたページの画面右のリストの中から「Windows 10 on ARM Insider Preview」をクリックします。

 

切り替わったページの下部に「Windows 10 Client ARM64 Insider Preview」というボタンがありますのでクリックします。

この記事を書いている時点で最新のビルドは「Build 21354」でした。

 

以上でARM版Windwos 10のダウンロードが開始され、ダウンロードが終わるとMacのダウンロードフォルダに下記のようなファイルがダウンロードされていると思います。

 

以上でARM版Windows 10のダウンロードは終了となります。

 

次は「Parallels」をダウンロードしましょう。

 

Parallels Desktop 16 for Macのダウンロード

Parallelsのダウンロードは下記ページから行うことができます。

Parallels におけるMac および Windows の仮想化、リモートアプリケーションサーバー、Mac 管理ソリューション

 

ページにアクセスすると下記のような画面が表示されると思いますので「無料トライアル版をダウンロード」をクリックします。

もちろん「今すぐ購入」からいきなり購入しても大丈夫ですよ!

 

「1.Parallels Desktop for Mac のトライアル版をダウンロードするか」をクリック。

”するか”って・・・笑

 

「PAEALLELS DESKTOP のダウンロード」をクリック。

 

Parallels Desktop 16 for Macのインストール

Parallels Desktopのダウンロードが完了したら、下記のファイルがMacにダウンロードされていると思います。

このアイコンをダブルクリックします。

 

ディスクがマウントされますのでダブルクリックします。

 

開いた下記のウィンドウをダブルクリック。

 

アラートが出てきたら「開く」をクリックしてインストールを進めます。

 

Parallelsのダウンロードが始まりました。

 

途中、下記のダイアログが表示されたら、Macのユーザー名とパスワードを入力してOKをクリックします。

 

Parallelsのインストールが開始されました。

 

ARM版Windows 10のインストール

Parallelsのインストールが完了したら下記画面が表示されると思いますので「続行」をクリックします。

 

「続行」をクリック。

 

先ほどダウンロードしたARM版Windows 10のファイルが自動的に選択されていると思うので「続行」をクリックします。

 

「Windowsの主な用途」を選択し「続行」をクリック。

 

インストールされるWindowsの名称と保存先を入力し「作成」をクリックします。

この時「Mac デスクトップ上にエイリアスを作成する」も選択しておくと楽にWindowsを立ち上げることができると思います。

 

Parallelsがファイルを作成しています。

 

しばらくするとWindowsのインストールが自動的に始まります。

 

Windowsのインストールが完了すると下記画面まで立ち上がるのでウィンドウを「クリック」してWindowsを開始します。

 

Windowsが立ち上がりました!

 

お疲れ様でした!

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。