【Anker Nano II 45W】レビュー M1 MacBook Airにも最適な充電アダプター

今回は、M1 MacBook AirにもおすすめなAnkerの「Nano II 45W」という充電アダプターを紹介したいと思います。

持ち運びにも便利な、超コンパクトな充電アダプターです。

iPhoneやiPadの急速充電も行えるので、iPhone、iPad、MacBookとこれ一個でOKな充電アダプターになります。

そして、Anker独自の技術「GaN (窒化ガリウム) II」 採用で、コンパクトなのにM1 MacBook Airの急速充電にも対応しているパワフルな充電アダプターにもなります。

それでは「Anker Nano II 45W」の紹介をしたいと思います。

 

Anker Nano II 45W レビュー!

パッケージ

まずはパッケージからご紹介。

パッケージ正面はこんな感じになります。

▼ブルーとホワイトを基調とした爽やかなAnkerカラーのパッケージとなっています。

 

▼パッケージ裏面はこんな感じです。

説明も日本語で書かれていて分かりやすいですね。

 

パッケージの中身

▼パッケージを開くとこんな感じ。

透明のケースの中にNano II 45Wが鎮座しています。

 

▼パッケージの中身はシンプルで、説明書(左)と充電アダプター(右)のみの構成となっていました。

 

▼説明書には、”すばやく安全に充電するためには、Anker製のケーブルか、Apple純正のケーブル、またはMFi認証のケーブルが必要”と書かれてあります。

 

ちなみに、急速充電するには、それに加え、PD対応のUSB-Cケーブルが必要となってきます。

 

Anker Nano II 45W 本体

それではアダプター本体の紹介です。

▼アダプター自体はこんな感じで、コンセントの差し込み部分が折り畳めるようになっていて、持ち運ぶ時にもコンパクトでとても便利です。

Ankerには30Wの充電アダプターもあるのですが、30Wの方は差し込み部分の折りたたみはできないので、持ち運びするにはバッグの中のものを傷つけたり、差し込み部分が折れたりしないか心配になりますが、この45Wタイプのものはそんな心配もいらないのでオススメです。

 

▼差し込み部分を伸ばしてみるとこんな感じです。

 

▼アダプターの正面部分にはUSB-Cポートの差し込み口が一つついています。

シルバーとホワイトのシンプルな色使いで、”ころん”としたキューブ体のデザインが可愛いですね。

そしてAnker独自の充電技術「PowerIQ3」のロゴが印刷されています。

 

▼アダプターの底面にはそれぞれの規格が印刷されています。

 

▼Nano II 45Wを手に持ってみるとこんな感じ。

つまんでいるだけのコンパクトさがお分かりいただけるでしょうか?

実際のサイズは35 x 38 x 41 mmというサイズ感です。

 

M1 MacBook Airの純正アダプターと並べてみた

M1 MacBook Airについている純正アダプターは30Wの出力で、急速充電には対応していません。

▼Nano II 45Wと並べるとこんな感じのサイズ感になります。

Nano IIの方が出力も強いのにコンパクトなことが分かりますね。

 

▼なぜか上に乗っけてみるとこんな感じ。

 

▼ただし、厚みはNano IIの方があります。

 

▼ですので、実際にコンセントに指す場合は、Nano II 45Wの方が横の厚みが厚いので、コンセントの間隔が狭いコンセントを使う場合には、純正アダプタの方が向いているという場合もあるかもしれません。

ただし、持ち運びには圧倒的にNano II 45Wの方がコンパクトで便利だと思います。

 

まとめ

今回はAnkerの急速充電アダプター「Nano II 45W」を紹介してみました。

Anker独自の技術GaN IIPowerIQ3の採用で、コンパクトでパワフル、且つ安全な充電を実現させたアダプターでした。

M1 MacBook AirやiPhone、iPadの急速充電に、また、持ち運びや、セカンドアダプターとして購入しても価値のある充電アダプターだと思います。

 

購入は下記Amazonから。

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。