M1 MacBookを初期化して、macOSをクリーンインストールする方法

Macを初期化する時、Intel MacでMacを初期化するには、キーボードの「command + R」キーを押しながらMacを起動し、リカバリーモードで起動させMacを初期化する必要がありました。

しかし、AppleシリコンとなったM1 Macからはその方法が変わっています。

何かの時にM1 Macを初期化する必要が出てきたり、Macを人に譲渡したりする時にも初期化は必要となって来ます。

そこで今回は、M1 Macを初期化する方法を紹介したいと思います。

ちなみに、M1 Macを初期化してアクティベートするには、ネットワークへの接続が必須となってくるため、以下の操作はWi-Fiのある環境の元で行ってください。

M1 MacでMacを初期化する方法

M1 MacでMacを初期化するには、まず電源ボタンを長押しするところから始まります。

 

↓Macの電源が切れている状態で「電源ボタンを長押しし続け」ます。

 

↓下記の画面でMacが起動しますので、「更に電源ボタンを長押しし続け」ます。

 

↓下記の画面に変わったら電源ボタンから指を離して大丈夫です。

 

↓起動オプションが立ち上がりました。

右側の「オプション」を選択し「続ける」をクリックします。

 

↓下記のような復旧画面が表示されますが、この画面は使いません。

 

↓画面左上のメニューバーの「復旧アシスタント」から「Macを消去…」を選択します。

 

↓画面中央にMacを消去というウインドウが表示されるので、「Macを消去…」を選択。

 

↓確認ウインドウが開きますので「Macを消去」を選択。

この「Macを消去」をクリックした時点でMacのデータ消去が始まります。

 

↓Macの消去が始まりました。

 

↓Macが消去されるとMacは自動的に再起動されます。

 

↓Macが消去され再起動されると、アクティベートを開始します。

しかし、アクティベートにはWi-Fi接続が必要となってくるのですが、再起動直後はWi-Fiに繋がっていないため、Wi-Fiに繋いでくださいとメッセージが表示されます。

 

↓画面右上の「Wi-Fiアイコン」からWi-Fiに接続します。

 

↓Wi-Fiに接続できたら、Macのアクティベートが始まります。

 

↓これまでApple IDにログインしてMacを使っていた場合、Macにはアクティベーションロックがかかっているため、「Apple IDとパスワード」を入力してアクティベーションロックを解除します。

 

↓アクティベーションロックを解除し、無事アクティベートが完了したら「Exit to Recovery Utility」を選択して、リカバリーユーティリティ画面へ進みます。

 

↓ユーティリティ画面に移動しました。

ここで気づいたのですが、画面が英語表示になっています!

日本語表示に直しましょう!

 

↓画面左上の「File」から「Choose Language…」を選択します。

 

↓「日本語」を選択して、画面右下の「→」をクリック。

 

↓無事、日本語でユーティリティが表示されました。

この画面で、マシンの名前を変えたい時は「ディスクユーティリティ」を選択してマシンの名前を変えておくと良いと思います(後から変えることも可)。

さて、そして、「macOS Big Surを再インストール」を選択して、「続ける」をクリックしてmacOSをクリーンインストールしましょう。

 

↓「続ける」をクリックしてmacOSのインストールを開始します。

 

↓macOS Big Surのインストールが完了してMacが再起動されると下記の初期画面が表示されます。

後は説明に従ってMacを設定していきましょう。

M1 Macをスムーズに他人に譲渡する場合は、この画面まで設定を済ませておく必要があります。

そして、この画面で設定を終了したい場合は、キーボードの「command + Q」キーを押して設定を終了すればMacが終了します。

 

以上がM1 Macの初期化と、macOSをクリーンインストールする方法になります。

お疲れ様でした!

 

みなさまが、より良いMac LIFEを送れますことを!

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。