Macのスクリーンショットを「PNG」から「JPG」にデフォルトで変更する方法

Macでスクリーンショットを撮るためには、「command + shift + 3(4)」というキーコンビネーションを使います。

Macではスクリーンショットの画像拡張子がデフォルトでは「PNG」となっています。

僕のブログではMacのスクリーンショットを多用しているのですが、ブログでは「JPG」のファイル形式を使っています。

そこで、スクリーンショットのファイル形式もデフォルトで「JPG」になれば楽になるのになぁということで、今回は、Macのスクリーンショットを「PNG」から「JPG」にデフォルトで変更する方法をご紹介したいと思います。

 

ターミナルの起動

Macのスクリーンショットを「PNG」から「JPG」にデフォルトで変更するには、Macの「ターミナル」アプリを使用します。

ターミナルアプリを起動するには、MacのFinderのメニューバーから「移動 → アプリケーション → ユーティリティ → ターミナル」と起動します。

 

スクリーンショットを「PNG」から「JPG」に変更する

ターミナルを起動したら、次のコマンドをターミナルに入力し、リターンキーを押します。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

次に

killall SystemUIServer

と入力し、リターンキーを押し設定を反映させます。

以上で「PNG」だったスクリーンショットが「JPG」で保存されるようになりました。

 

スクリーンショットを「JPG」から「PNG」に戻す方法

スクリーンショットのファイル形式をデフォルトだった「PNG」に戻すには、ターミナルに次のコマンドを入力し、リターンキーを押します。

defaults delete com.apple.screencapture type

次に

killall SystemUIServer

と入力し、リターンキーを押し設定を反映させます。

これでMacのスクリーンショットのファイル形式は「PNG」に戻りました。

 

最後に

以上がMacのスクリーンショットを「PNG」から「JPG」にデフォルトで変更する方法でした。

僕のようにスクリーンショットを多用し、保存形式がJPGがいいなという方はぜひ参考にしてみてください。

 

それではみなさん、良いMacライフを!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。